いじめの中学編入

いじめの中学編入では、生徒の心のケアが必要になってきます。いじめによる編入への対応は基本的に各学校に任されています。また、いじめによる編入が認められるのは公立中学の場合は、教育委員会を通じて行って下さい。私立中学でいじめを理由に編入を受け入れている学校はほとんどありませんので、注意して下さい。

私立中学への編入では対人関係改善のために全寮制中学などへ編入して対人関係をゼロから学ばせようとすることを勧められる先生もいらっしゃいます。フリースクールなどに通う事も可能ですが、加害生徒が同じ中学校に在籍している場合、学校へ戻れないので編入が最適だと言えます。

当運営者は、フリースクールの普及を行っていますが、いじめの場合、加害生徒がクラスにいるために、心のケアをフリースクール内でできても、学校内で再び問題が発生する可能性があるので推薦し難い面があると言えます。人間関係を改善できる全寮制中学への編入が最善だと言えます。

第1位 桜丘中学(寮あり・共学) いじめ対応★★★★★

桜丘中学はいじめの中学編入へ心のサポートを行っており、保護者や学校関係者からの評価が高い。寮生活を通じて対人関係改善の教育が受けられるため、中学卒業までに自信を持てる。編入後は、仲間に囲まれた楽しい中学生活を過ごす事もできる中学編入。

⇒桜丘中学への編入体験談を見る